ブランド情報

MAISON KITSUNE

音楽レーベルとしてスタートしたKitsun。フランスの若者の注目を集めるブランド。
パリに拠点を置く Gildas Loaec(ジルダ・ロアエック)とマサヤ・クロキのデュオは、モダンであり、心地よく、エレガントなスポーツシックスタイルを提案する。

https://shop.kitsune.fr/


Casely Hyaford

Joe Casely-Heyfordが息子のCharlieとの共同作業による「ニュー・パンク・クチュール」をコンセプトにイギリスの伝統的なテーラリング技術や素材に遊び心を交えたモダンでアート的なデザインのコレクションを展開。


STAMPD

LAのストリートカルチャーやファッションにインスパイアされながら、高級レザーをはじめとした生地を使い、モノトーンをベースにしたハイクオリティーなシンプルスタイルを提案している。アメリカでも限られたセレクトショップのみで展開。

http://www.stampd.com/


LIAM HODGES

デザイナーであるLIAM HODGESは2013年に名門Royal College Of Art卒業後、世界中から多大な支持を受けるイギリスのスタイリストSIMON FOXTONの下でメンズウェアを学び、その後AnOtherManで初のコレクションを発表し瞬く間に名を轟かせました。またLONDON COLLECTION FASHION EASTでも取り上げられ更に脚光を浴びています。

https://liamhodges.co.uk/


Ark Air

1985年、イギリスで創業したミリタリーウェアブランドArktis社がタウンユース向けにリサイズしたレーベル。世界中の軍隊や特殊部隊に高品質な製品を提供してきた経験と知識を継承させ全ての製品がMade in UKとなる。

http://greenwich-showroom.com/brand/arkair

 


HENRIK VIBSKOV

デンマーク出身のデザイナーであり、2001年セント マーチンズ卒業して以来、自身のコレクションをパリのファッションウイークにて発表。スイステキスタイルアワード、HYERESフェスティバルなど世界各国のコンテストやファッションイベントに招待を受けている。カニエ ウエスト、ビョークなどセレブリティ、ミュージシャンの愛用者も多い。


KOLOR

デザイナー阿部潤一。文化服装学院を卒業後、数々のブランドを経て2004年、Kolor (カラー)を設立。 2005S/Sからコレクションをスタート。「素材の魔術師」と呼ばれる阿部潤一氏が手掛けるkolorは、シンプルでツイストの効いたデザインと上質な素材使いが特徴的。一度袖を通すと、オリジナリティ溢れるカッティング、素材が究極のシルエットを醸し出している事に気が付く。


White Mountaineering

デザイナー相澤陽介氏は多摩美術大学で染織デザイン学科を卒業。2006秋冬コレクションよりブランドをスタート。“服を着るフィールドは全てアウトドア”。デザイン、実用性、技術の3つの要素を一つの形にし市場には屈しない姿勢でものづくりを掲げている。


doublet

2012年にブランド設立。2013年には「2013Tokyo新人デザイナーファッション大賞」プロ部門のビジネス支援デザイナーに選出され最高位の東京都知事賞を受賞。ベーシック、スタンダードなアイテムを基本に唐突なアイデアを混ぜ込んだ「違和感のある日常着」をコンセプトに掲げ、ウェアーからアクセサリーまでのトータルアイテムを展開している。


Dessin de mode

2016年春スタートのDessin de modeはマルタンマルジェラのコレクションラインを担当していた日本人デザイナーによるレディスです。ラグジュアリーブランドで使用される日本の素材を日本の高い縫製技術で仕上げています。


HYKE

2009SSシーズンで活動を休止したgreenの吉原秀明と大出由紀子の二人が2013AWシーズンにブランドをスタートする。HYKEのブランドコンセプトは、「HERITAGE AND REVOLUTION(服飾の歴史、遺産を自らの感性で独自に進化させる)」。

http://www.hyke.jp/

ページ上部へ戻る